ビジネスローンで事業融資を断られたらどうすればいいの?

銀行で借りれなくて資金ショートしそうなときの秘策とは?

 

大口の融資が可能なビジネスローンや商工ローンというのは、企業存続のために必要不可欠な存在と言えます。

 

赤字の続いている企業が安定した収益を確保するため、ビジネスローンで借入をし会社の立て直しを図るというのはよくある話ですが、銀行などの事業資金融資は審査が厳しいことから断られてしまうケースが多くあります。

 

 

そこで一つの資金調達方法としてオススメしたいのが「ファクタリング」です。

 

現在では「つなぎ資金」としてよく利用されており、事業運転資金のショートになりがちな中小の企業が多く利用しており、倒産の危機からの立て直しに成功しています。

 

ファクタリングというのは、取引先の売掛金を買い取ってもらえるサービスのことであり、安定した売掛金があり、来月100万円以上の売掛金の入金が予定されていることで最短で即日に資金調達が可能です。

 

もちろん秘密は厳守されますので、取引先にファクタリングをして資金繰りをしたという事実を知られることはありませんのでご安心ください。

 

条件さえ満たしていれば、銀行や商工ローンで断られてしまった企業でもOK!

 

 

このファクタリングによって資金繰りが安定することで、銀行融資の再開にも繋がりますし、その結果事業拡大へのチャンスも広がります。

 

ただ、ファクタリングは個人事業主の立場では利用出来ませんので注意が必要です。

 

このように、もし今、資金繰りが厳しく倒産の危機を迎えているなどの緊急の場合には、ファクタリングはかなり役に立ってくれるといえます。

 

まずはファクタリングをチェックしてみることがオススメですよ。