事業再生・企業再生するにはどうすればいいのか?

事業再生・企業再生するための条件は何?

 

 

資金がショートしたり業績が赤字で悪化し会社が倒産しそうになった場合、資産を売却・処分するだけでなく、再建の可能性があるのであれば「事業再生・企業再生」を行うことで事業の再生を図ることが可能です。

 

まず、事業再生・企業再生をするためには、

 

「過去の負債を圧縮しもしくは全て無くなることで資金繰りが回るようになる」

 

「再生する事業が存在する」

 

...この2つの条件が必須となります。

 

 

ただでさえ資金繰りで頭を抱える企業が多い中、倒産の危機にある企業がどのようにして資金を調達すれば良いのでしょうか?

 

資金繰りが回るようにするための方法としては、

 

「リストラによる営業のキャッシュフローを黒字化する」

 

「スポンサーを雇い新たな資金を補填する」

 

...などが代表的です。

 

 

他にも事業再生・企業再生を図る方法はありますが、いずれにしても十分な資金が必要となります。

 

事業運転資金を新たに調達するのはかなり厳しいと言えます。

 

何故なら既に倒産危機にある企業に融資をしてくれる銀行や商工ローン(ビジネスローン)は、ほぼ無いに等しいからです。

 

先行き不透明な企業に融資をするほど余裕がある所なんて早々ありませんので、一口に事業再生・企業再生をするといっても簡単に出来るものではないです。

 

資金繰りについてはこのサイトも参考に⇒資金繰りがショート寸前!融資してもらうにはどうすれば?

 

 

ですが銀行などから融資を断られたかと言って諦める必要はありません。

 

資金調達の方法は別にもあるからです。

 

借入れによる資金調達ではなく、売掛け債権を譲渡し資金化する方法があることをご存知でしょうか?

 

 

 

この方法をファクタリングと言います。

 

欧米では昔から行われてきた資金調達方法で日本でもようやく最近浸透してきているのです。

 

銀行などから融資を受けるとなると様々な審査条件をクリアしなければいけませんが、ファクタリングは「毎月安定して売掛け債権が発生していること」、「来月に100万円以上の入金があること」、「法人企業であること」、この3つの条件を満たしていれば比較的審査に通りやすいと言われています。

 

 

ファクタリングなら取引先の支払期日前でも債権を即日回収することが可能ですから、つなぎ資金が必要となった時にも有効的です。

 

その額もファクタリング会社によっては最高で1億円までと大口にも対応しています。

 

事業再生・企業再生の際の資金繰りでお困りであれば、ファクタリングを利用してみると良いかと思います。


 
今すぐ無料見積りチェック!
安心の大手ファクタリング会社はココ!
↓ ↓ ↓ ↓